プログラミング教育始めました

令和2年度からプログラミング教育を開始しました。(年長組)

2020年より小学校でプログラミング教育が必須化され、児童に「コンピューターに意図した処理を行うよう、指示することができるということ」を体験させながら、知識及び技能、思考力、判断力、表現力等を養うことをねらいとすると発表されました。

プログラミングを行う上で、論理的思考力や問題解決力が身につくのはもちろんのこと、デジタルデータだからこそ、すぐに修正や改善をすることが出来るため試行錯誤する力がつき、自分で考えたことを形にする経験を積むことができます。

木川幼稚園では、1人1台ずつタブレット端末を与え、毎回講師が2~3人付き、個別指導をしながら、楽しい雰囲気で指導を行っていきます。

小学校へ行くまでに、タブレットの操作がスムーズに行えるようになります。

前の記事

園長より